本文へ

安心して通える大阪高槻市のバレエ教室 
BrilliantBalletAcademy ブリリアントバレエアカデミー

プロフィール PROFILE

BrilliantBalletAcademyのあゆみはこちら

中尾 いづみ

 

貞松・浜田バレエ団出身

 


モンテカルロ・ミラノ・ロンドン・パリにて研修
バレエ団公演(全公演参加)・日本バレエ協会・兵庫県洋舞家協会など豊富な舞台経験
3歳〜80代までの豊富な指導経験を持ち
ダンススタジオ、スポーツクラブでの経験あり
(NAS・COSPA・WOW'D・GOLD'SGYM・TIPNESS・バレエスタジオルナ芦屋)
その他外部セミナー・ワークショップ・イベントなど

2010年7月 Brilliant Ballet Academy開校



取得資格

Lineabeau ぺルビックストレッチ(骨盤矯正)
Body Code System マスターストレッチlevel3
Body Element System JAPAN マットピラティス
公益社団法人日本アロマ環境協会 アロマテラピーアドバイザー
内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会 メディカルアロマセラピスト
内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会 心理カウンセラー
内閣府認証 日本アロマセラピー統合医学協会 整体師
NAUI CPR&First Aid


会員

芸術家のくすり箱会員
日本ダンス医科学研究会会員


テクニカル

メディカルマッサージ
スポーツマッサージ
コンディショニング
テーピング
メディカルアロマトリートメント
リフレクソロジー

 

 メッセージ

 骨格

 バレエ講師がバレエテクニックだけを教えていてはいけない!!


開きなさい!脚を上げなさい!跳びなさい!回りなさい!
と言われてもすぐ出来るような才能溢れる子供ではありませんでした

身体が硬い!もっと柔らかくなりなさい!
と言われてもお酢を飲んでも柔らかくはなりません
私はバレエには向かない骨格で、柔軟性も乏しい子供でした

バレエを長く続けれていれば皆同じ様に柔らかくなり、脚も上がる様になり、跳べる様になり、回れる様になる
皆同じ様に同じ事が出来ると思っていました

本当にそうでしょうか?

個人個人骨格が違います

成長速度も違います

筋力も違います

柔軟性も違います

理解力も違います

感受性も違います


誰にでも同じ指導で、同じ言葉かけでいいのでしょうか?

なぜ?という理由を伝える事が必要だと思っています


ただやみくもに、がむしゃらに頑張るだけではケガをし身体を痛める事もあるでしょう

頑張り方
努力の方向を指し示す
個人個人に合った具体的なアドバイスをする


のがバレエ講師の役目だと思っています



バレエで疲れ切った身体、痛め(傷め)きった身体を癒しに治療に通ったものでした

ですが、

疲れない(疲れにくい)身体を持つこと

痛めない(痛めにくい)傷めない(傷めにくい)身体を持つこと


が大切だと思っています

またバレエ講師は個々の身体の違い性格の違いを理解する能力は勿論の事
ケガ痛みの理解休息の必要性の判断医師との連携も必要だと感じています。



解剖学は勿論のこと、身体作り(ピラティス・マスターストレッチ)〜舞台での魅せ方
ボディーケア&メンテナンスそしてメンタルヘルス

更に整形外科疾患についても知識を持つべきだと考えしっかり勉強し
皆さんに永く安心してバレエを楽しんで頂く為に努めています



 なぜセラピスト?



バレエ講師でありながらセラピストでもあります


アロマテラピーアドバイザー、メディカルアロマセラピスト、心理カウンセラー、整体師の資格を取り
メディカルマッサージ、スポーツマッサージ、コンディショニング、テーピング
メディカルアロマトリートメント、リフレクソロジーの手技が可能です

整体師・メディカルマッサージ・スポーツマッサージ・テーピング・コンディショニングが可能な訳

治療に通い、治療院ジプシーとなりもう行くところがなくなるくらい
様々な種類の治療も受けてきました

ですが治療に行っても、癒されに行ってもバレエで疲れた身体を癒し回復してくれるには
あと一歩物足りなさを感じていたものです


メディカルアロマセラピスト・メディカルアロマトリートメントが可能な訳

そんな中でアロマトリートメントも受けたことがありました

精油(エッセンシャルオイル)を用いて優しくトリートメントしてもらう至福の時間
精油の香りが脳に働きかけリセットしてくれる時間

リラックスや癒し効果があったり、集中力を高めるものなど選ぶ精油により様々な効果を発揮します
また芳香療法で脳に働きかけるだけではなく
経皮吸収により血管に運ばれ精油独自の効果を発揮するので
アロマトリートメントは不調改善には効果的だと感じています


ですがやっぱり物足りない
なぜなら、バレエ特有の筋肉の使い方や疲労を理解して下さるセラピストが少ない為

心理カウンセラー資格取得の訳

またメンタル(脳・精神)と身体(フィジカル)はリンクしているので、身体の不調があるとメンタルが落ち
メンタルの不調があると身体に痛みや不調が出る

舞台やコンクールに立つとプレッシャーやストレスなどと闘わなければなりません
私生活での不安や疲労も関わってきます
そんな心の病を理解し癒してくれる人はいませんでした



それならば、よくわかっている私がセラピストになればいい
困っている方々の役に立てる
生徒達の不調も軽減できる


自分の経験を他の方に役立てる為に日々勉強を重ね
メンタル・フィジカルをメディカルな面からもサポート!!

今までのバレエ教室にはない面からのサポートも含めて安心して永くバレエに関われる指導を心がけています




参加セミナー・ワークショップ


2011年9月4日  
          芸術家のくすり箱 Dance Wellnes Day in京都(ダンサーの下肢障害)
2012年7月29日30日 
          21st INTERNATIONAL SUMMER SCHOOL in TOKYO(RADアナトミー「より専門的に学ぶ」
2013年6月16日
          芸術家のくすり箱 ヘルスケアセミナーvol.8
2014年10月5日
          メディカルアートセミナー「骨盤・股関節の鑑別疾患とリハビリテーション」
2014年12月26日27日
          第7回アトリエヨシノバレエセミナー 教師クラス(ヤン・ヌイッツ/島崎徹)
2015年1月3日〜7日
          Dancer's LifeSupport.com 冬季バレエ講習会 指導者の為の解剖学
2015年3月8日
          第6回日本ダンス医科学研究会学術大会
2015年6月6日
          芸術家のくすり箱 ヘルスケアセミナーvol.10
2016年7月10日
          モートン・ディスマーによるフランクリンメソッド特別ワークショップ@京都 「腹筋」「内臓」
2016年7月25日
          産後の骨盤ケアの為の解剖学
2016年7月29日
          フランクリンメソッドを用いた股関節の機能解剖とピラティスムーブメント
2017年3月5日
          第8回日本ダンス医科学研究会学術大会 生涯ダンスを楽しむために
2017年4月9日
          ダンサーの為のコンディショニング
2017年4月16日
          美しく機能的な脚づくりの為のトレーニングセミナー
           (ローテータディスク・マスターストレッチ・プロアーチ)
2017年8月3日〜 
          第6回パリ・オペラ座バレエ学校教師夏季講習会2017(マーク・ドゥ・ブエ/ミュリュエル・アレ)
2017年9月18日 
          身体の変化を内科学からみるセミナー 「スポーツ内科学の基礎」
2018年3月18日  
 
          第9回日本ダンス医科学研究会学術大会 ダンサーの身体について考える
2018年10月7日   
          背骨のアライメントを考える Body-key+ジャイロキネシス


その他セミナー・ワークショップ多数参加


スタジオ

BrilliantBalletAcademy
ブリリアントバレエ
アカデミー


大蔵司スタジオ
〒569-1034
高槻市大蔵司3丁目20-22
三晃技研工業(株)3階

日吉台スタジオ
〒569-1022
高槻市日吉台一番町24-43
しんわ会館2階


→access

090-4644-3793
メッセージをお願いします
折り返し致します